(English follows Japanese)

statement / 2016-17

数年前、東南アジアの原生林を旅し、生命力溢れる混沌とした野生の世界を覗いた。それは、生と死や自然や人間について改めて見つめ直すようになった震災から間もない頃だった。太古とつながるような時空を超える感覚を覚え、それ以来、光や木、土着的なものを描くようになった。

 

東京の生活に戻って年月が経つうちに、原生林の強烈な印象は徐々に薄れていったが、都会の路上にある観葉植物や植木に次第に興味が移っていった。人の手による多種多様で共存する観葉植物や植木、コンクリートの隙間から生える雑草を見ていると、小さなジャングルに見えてくる。都会というハイスピードで変化していく中で、この小さなジャングルの中では、太古から変わらない生命活動の循環が行われており、これからもそれは変わらないで続いていくのだろう。

神の目線から地上を眺めるように俯瞰的な視点で、この都会の隙間から浮かび上がる観葉植物や植木を想像して見てみると、今はビルやコンクリートで覆われているが、かつてはここもジャングルだったのだろうと夢想してしまう。もしも、ここがそのままジャングルだったらどんな世界だったのだろうか。そんなことを考えながらこの小さなジャングルを見ると、数年前に経験したような太古へ繋がる感覚になった。私にとって観葉植物は、過去、現在、未来へと根源的な繋がりを思い出させる生命のタイムマシンみたいなものである。

Some years ago, I travelled through the primeval forests of Southeast Asia, where I glimpsed a little of the tremendous vitality and chaos of wild nature. It was shortly after the tumultuous Great East Japan Earthquake, a time that for so many of us triggered reflections on the meaning of life and death, and the relation between nature and human beings. During my time in the jungle, I felt a sense of transcending space time, as if I was being linked with prehistoric days, and since then I have been drawn to paint light, trees, and indigenous nature.

After returning to my life in Tokyo, as the years passed by, my intense impression of the deep jungle was slowly fading, but my interest was gradually shifting to the ornamental plants and trees found lining our urban roads and streets. When I look at the rich mix of leafy garden plants and trees tended by humans, and weeds growing through the tiniest cracks in the concrete, I see within them the seeds and shadows of the vast forest. Right here in our fast-changing modern urban environment, tiny pockets of jungle are quietly growing as they have always done; the latest manifestation of a cycle of vital activity that has never changed since ancient times is turning before our eyes, and such cycles will continue forever.

When I imagine these beautiful plants and trees emerging through the gaps of our urban landscape, I take wing as a bird in the sky, and looking down on this panorama of buildings and concrete, I fantasize about an earlier time when all this was once jungle too. If it had been left untouched, what would it be today? While wondering at these tiny jungles, I am once again connected to ancient times, just as I was some years ago. For me, the ornamental plants and all these wonderful plants are like a time machine of life, reminiscent of a fundamental link in the chain of past, present and future.

statement / 2013-15

2011年の東北大震災で自然の驚異を目の当たりにし、私は自然と人間の関係、生と死について考えるようになった。

 

翌年から一年間、東南アジアを旅した。

 

東南アジアの原生林で、生命の光や色に包まれる感覚を経験した。立ち並ぶ巨木の下には、熱帯植物が艶やかに咲き誇り、木漏れ日が湿度のある大気の中に降り注ぎ、倒れて朽ちた大木からは若々しい草木が芽を吹いていた。鳥の鳴き声が響き、猿やリス、山猫が木々の間を走り回り、オオトカゲが川の魚を食べていた。そこには、底知れぬ生命力、宇宙や生命の起源を感じさせる何かがあった。

 

その時、人類登場以前の手つかずの自然、おそらく、色にまだ名前が無く、色として自立していない混沌とした世界から続く大きな時間軸の中に今、自分が存在していることを実感した。私は、今を生きる自分の手の痕跡を一番残すことの出来る素材として、絵具、粘土、木を選び、人間の営みの根幹にある創造性と向かいあいたいと思った。

 

時空を超えた生命の響き合いを夢想しながら制作している。

© 2019 Kenichiro Fukumoto